宇摩志麻遲が見た古代の夜空

古代史が解けない訳
百余国が争っている中、各地域が牽制し合っている中、王の様な者が移動して国外で実績が残せる訳がありません。
言うまでもなく、実質的な天皇は居なくて、各国の王に成ります。 
邪馬台国の卑弥呼が亡くなり、台与が継ぎ、大和朝廷に替わって卑弥呼も台与も歴史から消えました。 
邪馬台国が分裂し始める前の統一連合の卑弥呼は統一の象徴です。 
大和朝廷から実質天皇の始まりです。 
神武天皇は実在しますが、西暦300年頃です。
それまでは各国の王です。

誰々の子孫だと言って脈略を作り、上位に立とうとする者が居ない筈がありません。。
有名な人は、善くも悪くも名前をもっともらしく使用された痕跡が全国にあるのです。
時の勢力が事実を捏造するのは当たり前です。
時の勢力の文書、各地の嘘の脈絡、それらの不確かが根拠とされ証拠となり、冤罪を晴らさせない楔となっています。

棺の上に各地方の土器が割れて埋まっているのは、各地方から葬儀に参列しに来た者が奉納した訳ではありません。
生前使った物や所有物には魂や念が宿っているので、壊して魂を抜いて、あの世に旅立たせるのです。 
鏡が割ってあるのも、宿った魂を次のシャーマンへ引き継ぐという意味もあると思います。 
石上神宮は武器庫ではありません、剣に籠った魂を鎮める神社だと思います。 
宇摩志麻遲命は鶴に乗って鶴降山に降りたのではありません、亡くなったので魂が鶴に乗って来たと言ったのです。
政治=政(まつりごと)は神祭りをしてシャーマンに憑依した神霊が言った言葉で行われました。 
その憑依した霊には善い霊と悪い霊が居るので、審神者が判断します。 
穢れは人形や他人へ移し免れようとします。 
市杵島姫は(斎の揣摩)です。イツキ(潔斎して神に仕える) しま(揣摩=未知を推量する)優れた姫です。 
宇摩志摩遲は揣摩=シャーマンでもあります。 
猿田彦は(猿田の彦)です。猿田族の男王です。彦は王です。 
客人(マロト)は外人という感覚がない時の言葉で稀(マレ)な人の事です。 
当時の神や霊という感性を主体にプロファイリングしなければ、文書や遺跡を審神者出来ないのです。
一つ一つの事象がいろいろな人の作り話で伝聞され権威のある史実になっています。 
その作り話の元の事象を探さないと解けません。
古代史を解くには多くの人の感性が必要なのです。
プロファイラー、宗教家、霊媒師、絹織物業界など
言葉は絹織物に関連する言葉が多いのです。
アキツ=トンボの羽の様に薄く繊細な織物、 イセ=細かく縫い縮める(集約した)、 カツラキ=目の粗い薄い綾絹(精妙な)、 カトリ=固く織った絹布(しっかりした基礎)、 カシマ=やかましい(栄えた)、 
ずっとその感性を排除し続けています。

古代史研究には権威や立場は障害になります。
知識欲では解けません。
米の作り方も古代からの賜物で現代人が偉いわけではありません。
記紀に書かれている古代神話の事実を知りたいと思って古代史に興味を持ったはずなのに、古代史研究の大家から、記紀から外れる事は稚拙だ、無智な者の自己主張だ、と言われ、いつの間にか大家の押さえつけに洗脳されてしまい、大家の仲間入りをしている。 
先人の経験が、本や大家のピラミッドを作る事に私用され活かされていない。 
歴史を封じるということはスピリチュアルもパワースポットもまやかしであり、敬う心の先祖供養ではなく、先祖封じをし続けている状態です。 
歴史を知るという事は、先祖を知り、自分が成立してきた要素を認識し、自分を知るためにあるはずです。